見てみよか

祇園祭、伏見稲荷、下鴨神社だけじゃない、京都市3つの区の魅力

2024.07.10

祇園祭、伏見稲荷、下鴨神社だけじゃない、京都市3つの区の魅力
テレビウォッチャーライター・櫻宮ヨウがお届けする『ちゃちゃ入れマンデー』レビュー!
今回の『ちゃちゃ入れマンデー』は、放送終了後、大反響を呼んだ人気企画“区の魅力”シリーズの第2弾!前回のシリーズは大阪市でしたが、今回は熱烈ラブコールを受け、京都市の区に注目。ゲストには“岡田師匠”ことますだおかだ・岡田圭右氏に、ザ・プラン9の浅越ゴエ氏、そして京都市伏見区出身の俳優・西村和彦氏を迎え、京都の“区の魅力”に迫ります。

11も区がある京都市。“区の魅力”をお伝えするには1時間ではとてもじゃないけど収まりません!それは大阪市バージョンとお同じですよね〜。そこで今回は、「左京区」「伏見区」「下京区」の3区に注目して紹介していきます。実は筆者、京都にアクセスのいいエリアに住んでいて、ふらっと足を運ぶことも多々ある京都好き。ですから、今回の企画には大注目です!

京都といえば、由緒正しき歴史のある神社仏閣が盛りだくさん。「左京区」「伏見区」「下京区」の3区にもそれぞれ自慢の神社仏閣が点在しています。それも1〜2ではなく“盛りだくさん”なところが「これぞ京都」。しかも国宝や世界遺産、文化財だらけなので、見ごたえも抜群です。どこへ行ったって日本の風情を堪能できること間違いなし。

「左京区」の筆者のオススメは“下鴨神社”。参道まで続く「糺の森(ただすのもり)」は、どんな暑い日でも暑さを忘れるほどのひんやりさに、ピン…と張り詰めたような空気が広がる不思議な森。そこはまるで異空間へ迷い込んでしまったかのような、神聖で不思議な空間が広がっています。そして今の時期に行われる御手洗祭(みたらしまつり)では、水が美しく清らかである土地の利を生かした行事も行われますので、これはぜひとも観光ルートに入れておいてほしい!
「伏見区」といえば、千本鳥居の見事な朱色に心を奪われる“伏見稲荷大社”に、風情あふれる酒蔵、そして幕末好きにはたまらない聖地巡礼スポットが盛りだくさん。さらには、出身芸能人が多いことでも有名。歌手の倖田來未さんや、お笑いコンビ・ブラックマヨネーズの吉田敬さんなど…。そして忘れちゃいけない今回のゲスト、俳優の西村和彦氏。自信満々でVTRを見ていたものの、インタビューではことごとく「名前が出てこない」「イケメンの俳優さんで…名前なんやったっけ?」と言われまくりスタジオを爆笑の渦へと巻き込んでおりました(笑)。
最後は「下京区」。京都を代表する繁華街であることから、京都の中心地として栄えているエリア。やはり注目すべきは「祇園祭」。約1カ月開催される伝統のある「祇園祭」には、地元民しか知らないマル秘ネタがあるのです…。結構興味深い内容なのでぜひチェックしていただきたい!
すべてお伝えできないほど盛りだくさんな今回の企画。神社仏閣以外にもスイーツやグルメ情報などもいっぱい登場しますので、チェックして足を運んでみてはいかがでしょう?
見逃し配信はこちら(TVer)

07/09(火)『ちゃちゃ入れマンデー』放送分より
文・櫻宮ヨウ
大阪在住、なにわのおかんライター&TVウォッチャー。大手子育て情報メディアなどで執筆を行う。ドラマ・マンガ・演劇・お笑いとエンタメなんでもござれの楽しいもの好き。
miyoka
1